正対



studio fullerene C60

正対と組み立て 目次

組み立てについて

悪い組み立てを良くする

組み立てにおける良い例、距離

相手と正対することの重要性

相手の足を横に揃える 距離を保つ

相手の足を横に揃える 会話編

正対した場面で簡単に使える技

正対について

下手とは何か1

下手とは何か2



footballhack

明日から使える正対技 静止Ver.

正対 ✖ パス


studio fullerene C60

下手を上手に変える法 パス編1

下手を上手に変える法 パス編2、エリア付近

下手を上手に変える法 パス編3、エリア付近


正対 ✖ ドリブル


studio fullerene C60

横を向きながらの移動、スラロームの導入

下手とは何か スラローム

下手とは何か スラローム その弊害、大きな切り返しとバランスの崩れ

スラロームの欠陥 ファールへの弱さ

スラロームの欠陥 カットされやすい選手配置

スラロームの欠陥 配置とファール1

スラロームの欠陥 配置とファール2

スラロームの欠陥 良い状況を悪い状況に

スラロームの欠陥 コース取り

スラロームとその欠陥 まとめ

ドリブルとスラロームの差

正対によるスラロームの改善 連続正対

正対と改善、コース取りとプレーの一致

正対によるプレーの実例 連続正対、1対1の連続

正対によるスラロームの改善 複数の守備者を相手にプレーを続ける

正対による分類


studio fullerene C60

正対による分類、視点

正対の種類 瞬間、抑止、維持

正対の種類 前進、進入

正対の種類 主導正対

技術ミニマム


studio fullerene C60

正対と技術ミニマム

技術ミニマム 歩行とインサイド表

技術ミニマム 軸足側へのパスと蹴り足側へのパスの見合い

技術ミニマム 正対から軸足側へのドリブル

技術ミニマム 正対から蹴り足側へのドリブル

技術構築における注意点 クライフターン

技術構築における注意点 技術が思考を規定する1

技術構築における注意点 技術が思考を規定する2

正対から見えること 選手の育成について

正対から見えること トリック主義の嘘

正対から見えること クリスティアーノ・ロナウドとその評価

正対かスラロームか

正対と宇佐美貴史5人抜きドリブル

正対からの技術ミニマムの活用

正対からの技術ミニマムの活用 拡大図

正対 ✖ 浮き


studio fullerene C60

ドリブルの基本

ドリブルと浮くこと1

ドリブルと浮くこと2

浮くことと前後の予想

浮くことと不可測であること

浮くことと守備者の反応

浮くこと受身に回すこと

浮きと隙

浮きと崩し

浮きと回復

浮くことと複数抜き

浮く効果 まとめ

一人の選手の浮く動作

別の選手の浮く様子

上手と下手を分けるもの

浮きと正対の関係

フェイントに対する認識の違い

技術ミニマムの再考

浮くことと基本動作の関係