footballista rijkaard selection



らいかーると

footballistaに寄稿した記事を年代毎にまとめました。


2022.01.04 敵陣では“ポジショナルプレーっぽくない”アヤックススタイルを分析する

2022.01.29 南野のプレーエリア整理という前進と長友が直面した困難とは? 日本対中国分析

2022.02.02 ボール保持を許し苦戦だった前半と、流れを変えた後半の修正を読み解く。日本対サウジアラビア分析

2022.02.16 動的配置とバランスに光明。シャビ監督“理想のポジショナルプレー”を考察する

2022.03.03 「ずれ」を生むバックパスと列を降りる動き。どんなチームもボール保持で勝てる!を証明したサッリ・ナポリ

2022.03.18 トレーニングメソッドを再定義する「学問化」。制約主導型アプローチと戦術パラダイムシフトの関係性

2022.03.25 日本の[4-3-3]というより[4-5-1]はどう機能した?オーストラリア対日本分析

2022.03.31 日本代表に“変身”は残されているのか――アジア最終予選総括

2022.05.30 “現代サッカーのアンチテーゼ”の前に敗北。リバプールの誤算と向かう先

2022.06.04 パラグアイに快勝の日本代表、メンバー大幅変更の中でも示された“物語の継続”の意思

2022.06.07 プレスを受けても、ボールを失うリスクを増しても、失点しても貫いたボール保持。ブラジル相手に日本が見せたチャレンジを分析する

2022.06.12 試合の中での改善、ロングボールへの対抗策、5バック…日本代表が完勝のガーナ戦で示したもの

2022.06.15 日本の試合中の修正は機能していたが…チュニジア戦をピッチ上の現象から紐解く

2022.07.09 バランスの良い配置で相手を分断するトゥヘル・チェルシーのポジショナルプレー。静的であることのメリットと、進化へ向けた模索

2022.07.09 「これぞ原則」感が非常に強い。コンセプト主義に近いナーゲルスマンの原則

2022.07.18 お手本のよう。スペイン代表のポジショナルプレーは静的配置で「保持」と「前進」を繰り返す

2022.07.21 川崎の次は横浜FM。クラブベースのチーム作りで臨んだ香港戦で何が“発見”された?【E-1 日本分析】

2022.07.25 中国戦へのアプローチから見えた、“ストーリー継続”の意思とその是非【E-1 日本分析】

2022.07.29 韓国に快勝。改善の先にあったのは“日本”が積み重ねてきたスタイルだった【E-1 日本分析】

2022.09.17 ペップ・バルサの「メッシ役」が4人。ナーゲルスマン流「狭いポジショナルプレー」は狭いエリアでの位置的優位で攻める

2022.09.25 アメリカに勝利した日本が前半と後半に見せた「試合の中での修正」とは?

2022.09.29 エクアドルの前に空転するプレッシング…その時、日本はどう対応した?

2022.10.29 地上戦で優位に立ったバルセロナが、バイエルンに快適に試合を運ばれた理由を分析する【バルセロナ 0-3 バイエルン】

2022.11.20 最後までわからなかった本当の姿…カナダに敗れた日本の“違和感”



年代

2018
2020
2021